MENU

誰もが本当の自分を
発見できる場所

豊島区

次世代を担う若者が
希望を持てる社会

プロフィール
政治家を目指したきっかけ
政策1
政策2
政策の期待効果
無所属にこだわる理由と黎明会とは

政治家を目指したきっかけ

「悪性癌の可能性60%」

昨年起きた出来事が、私が 黎明会(れいめいかい)~豊島区の未来を考える会~ を立ち上げるきっかけとなりました。最終的には、半年間の精密検査の結果、今はもう問題ないことが分かりましたが、健康診断で腫瘍マーカーに異常が出たとき、あるインターネットの情報によるとその値は60%が悪性の癌ということでした。死をリアルに意識せざるを得ない状況の中、自分の命の使い道について、真剣に向き合わせざるを得ない期間となりました。

自問自答を繰り返した結果、出たひとつの答えが、私のアイデンティティであり、新しい自分と出会わせてくれた、大好きな街であるこの豊島区が思い浮かばれました。この街に次の世代を担う人財を育て、若者のために遺すことこそが使命であると感じました。

私の出身は埼玉県ですが、大学4年間と、社会人になってからも母校のアメリカンフットボール部のコーチとして10 年間、青春のほとんどをこの豊島区で過ごしました。社会人になり20代の内は、思い返すとビジネスで成功したい、しなければならないという思いが強かったです。誰もが通るであろう、自分の行くべき道を模索していた時期でもあります。仕事だけでは埋められないような、自分の存在意義や使命をどこかで探している中で、休日にはボランティアで母校のコーチとして活動をしていました。当初は、お世話になった大学の部活動に恩返ししたいからこそ始めた活動でありましたが、次第に学生が自分をコーチとして必要とし続けてくれた、ということが強く心に残るようになりました。その期待に応えようする中で、大きな失敗も経験しました。昇格がかかった大事な試合で、私の采配が原因で敗北を喫することになってしまったのです。学生は同じ青春を二度と繰り返すことはできません。

そのことを改めて気づかされてから、私が唯一できることは、次の世代に遺すことに全身全霊で取り組むことでした。その結果、母校史上初の大きな成果を出すこともできました。スポーツ推薦もない、運動部未経験者もいるようなチームが関東学生連盟の1部リーグに昇格できたのです。当時の学生からの「熊谷さんと(1部リーグに)上がれて良かった」との言葉をもらいました。

そのときに、目に見える成功を収めているではなく、必要としてもらえることこそが自分にとって生きることの証であると本当の意味で腑に落ちました。これは大きな新しい私の発見でした。ひとつの使命であると感じています。

健康診断の結果を知った時、これまでの自分の人生を振返りました。自分の限られてものであるならば、未来ある若者のために使っていきたいと思いました。そのために私は政治活動を通して、大好きな豊島区に貢献していくことを決意したのです。更に私自身が挑戦をしていくことで、これからの時代をつくっていく若者に勇気を与えて行きたいと思います。

学生時代の10代後半から、社会人として落ち着きを見せ始める30代くらいまでは、自身の存在意義、アイデンティティに対しての悩みが多いことと思います。考えることと同時に、行動することの大事さを知り、多様な社会の中で磨かれながら「じぶんらしさ」を発見して、豊島区民としての自信を手にしてほしいと考えています。

私には、コネも地盤も経験もありません。ただ、自分を育ててくれたこの豊島区に貢献したいという想いだけは誰より強い自信があります。一度きりの人生であると本当の意味で気づかせてもらった今、政治活動を通して私は挑戦していきます!

メインの政策

1)10-30代の政治参加向上(SNS等を駆使した、政治家とのフラットなコミュニケーションの実現)」

私は豊島区の良いところは雑多なところだと思っています。写真にあるように豊島区は、学習院、立教、大正大学等を始めとした落着きのある文教地区。鬼子母神や染井吉野など、今なお残る江戸の文化。その他にも、芸術、アニメ、サブカルチャーと言った多種多様な文化。

さらに日本一の人口密集地帯、23区で2番目に外国人が暮らす街、まさに雑多なまち。それは言い方を変えると“懐の深い”街です。

豊島区

私が所属していた学習院大学のアメリカンフットボール部は、最初はまさに雑多な集団なのです。学習院にはスポーツ推薦はなく、高校での経験者はほとんどいません。運動部に所属していなかったものもいます。しかし、純粋に取り組む若者の可能性や、夢中になったときの底力には本当に目を見張るものがあります。最初はなにもわからず頼りなかった学生が、チームの一員だと自覚したとき、チームが出来ていきます。そして、雑多な集団がまとまる瞬間は、画一的な組織よりも遥かに魅力的に思えるのです。

平成29年度東京都議会議員選挙における、30代以下有権者の投票率は10代 39.03%、20代 26.44%、30代 37.67%で全世代通して最小の数字となっています。人口減少が進行する中での、人生100年時代において今後より、個人が国に守ってもらう意識ではなく、一個人が自立し国を創っていく自覚が必要です。

政治に参加するということは、自分が日本、または地域をつくっていく一員だと自覚をすることです。その国や地域をつくっていくのは、偉い人でも成功者でもなく、若者なのです。若者が政治に絶望して(期待しないで)終わってしまえば、日本や地域に未来はなくなってしまいます。

10代から30代は環境が目まぐるしく変わり不安な時期で誰しもが通るもの。合わせて、昨今の急激な時代の変化もあります。豊島区は統計上20-30代の単身が多く、やりたいことがわからない、今のままでいいのか不安など、バイタリティや体力はあっても、次の一歩を踏み出せない若者は多いです。しかし、雑多で色んな要素が詰まっている懐の深い街だからこそ、若者は成長できる可能性は大いに眠っています。政治参加を通じて、未来に挑戦できる若者が増えれば、豊島区も若者も魅力あり続けると思います。

この懐の深い街の中で悩める若者たちが、自らの成長を通じて豊島区で(生まれ)育ったことを誇りに思えるような政策をしていきます。

2)特色のある教育施策と思い切った予算の割り当てによる人への投資

コーチングは、ティーチング(教える)ではなく、それぞれの個性を伸ばすための環境を準備し、一緒に夢ややりたいことに挑戦することだと考えます。

震災のあった年、母校は65年間の歴史の中で初めて1部昇格を果たすことが出来ました。この年は、震災の影響でグラウンドの使用時間が制限されてしまいました。私は学生にグラウンドを使えない時間も有効活用できることを考えるようにと指示していました。しかし、学生は朝7時に集まって練習すると言い出したのです。これまで早朝に練習したことはなく、私が指示したことよりももっと辛い選択を学生自身がしたのです。私はこの時、良い結果が出ると確信しました。

最終的に一部昇格することが出来ましたが、何故かこの年コーチとしては何かをしたという思いがこれまでで一番ありません(他のコーチの奮闘があったのは当然ですが)。そのことから、選手が本当に成長するには、選手自身が”感じて”動くことが大事だと痛感したのです。指示や指摘をされてばかりいる内は絶対に成長はしないのだと。つまり、やらされるのではなく、主体的に自分の生きる道を創っていくことが最も大切なことだと考えます。

学生も自発的、自律的に学べることが出来る環境づくりが大切です。子どもたちはこれまでの義務教育のように、右ならえの教育では受け身の姿勢になってしまいます。平成が終わり、これまで以上に今日の常識が明日の非常識になって行く時代だからこそ、自分に誇り・自信をもった人材を輩出するための教育への投資が必要です。

2020年から新学習要領でアクティブラーニングやプログラミング学習等が始まり、学習スタイルが大きく変わっていくことが打ち出されています。(それでもまだまだ海外に比べれば受け身の授業スタイルなのですが)。そういった若者を輩出するためには、現場で慣れていない教師も適応していく必要があります。教師も含めた現場のサポートをしっかりしなければ、ゆとり教育の時のように、中途半端で終わってしまう可能性があります。

「いまどきの子は」という言葉はよく聞きますが、「これからの子を」街全体で教育・育成していくために、大人も含めた教育への投資には重点的に取り組んで行きたいと思います。

政策による期待効果

豊島区は23区でも若い単身の人が多いことで知られています(23区平均より7%も多い)。私が掲げる政策によって、若い人の活力を活かしながら、次世代を担う若者たちの成長も期待できます。

こうした活動を通して10-30代が、多様な価値観との接点を持つことで、これまで自分では明確に自覚できていなかった新しい自分を発見することが出来、自分の生き方に自信を持てるようになって欲しいと思います。魅力あふれる雑多な豊島区で、誰もが新しい自分を発見でき、次世代を担う若い世代が希望を持てる、そんな社会の創出を目指しています。

こうした政策はこれまであまり重視されてきませんでした(若い人は投票に行かないため)。しかし、これらの政策は豊島区での特徴である、若い単身が多い、年少者が少ない(23区で2番目に0~14歳の割合が少ない)といったことを強みに変えていけると信じています。かけがえのない豊島区がこれからも魅力ある街であり続けるために、行動し続けていきたいと思います。

無所属にこだわる理由

当初、ある国政政党の政治塾にも通い、支援を頂けることになっていました。しかし、政治家になることを決意した時のことを思い返し、ある特定の政党(思想)に絞ることは、対象の若者も選択することになりかねないと気づきました。「次世代を担う若者」とは、全ての若者を対象にすべきであり、政治活動を有利に進めるがために国政政党の支持を仰いだことを反省しています。その政党には無所属で活動することに関して、寛大にも趣旨を理解いただき了承を得ました。

現在、黎明会(れいめいかい)という任意団体を設立して、政治活動を開始いたしました。皆様のご理解とご支援をいただきますようお願い申し上げます。

黎明会 方針

黎明とは、夜明けを意味します。現代を生きる若者が、先行き不透明な閉塞感から脱却でき、希望を見いだせる社会づくりを目指した目的政治団体(任意)です。目的政治団体が意味するのは、国政政党の下部組織ではなく、次世代を担う若者が希望を持てる社会づくり目指す団体です。一緒に行動してくれる人も歓迎しております。我々の目的、理想、方針は下記のとおりです。

主目的
次世代を担う若者が希望を持てる社会の実現
理想
10~30代前半は、絶え間ない環境の変化と限られた時間の中で、常に将来に対する不安と向き合わせの状況です。特に現代の都市では、隣人との関係も希薄になりやすいです。そうした中でも、都市社会を一緒に考え、一緒に本当の自分を発見できる場所にしたいと考えています。
方針
  • 未来志向の徹底

    しがらみや既得権益を容認せず、特定の利益団体のためだけに活動するのではなく、常に持続発展可能かどうかを基準に判断していきます。

  • 地域政治のユニバーサル化

    SNSを駆使した政治家とのフラットなコミュニケーションを実現し、政治を「特定の誰かの為」から、全ての人に公平な政治参加の提供を推進します。

  • 地域と文化の維持・発展

    若者vs高齢者という図式ではなく、世代間を分離することなく、これまで日本人が大事にしてきた価値観や文化を尊重します。また、新しい都市でのライフスタイルの確立も同時に模索していきます。

  • 多様性の尊重

    LGBT、障碍者、外国人などマイノリティとの軋轢のない共生できる社会を目指します。

  • 先進技術の積極的導入

    AI, IoTなど先進技術により社会の課題解決を目指します。また効率化によるコスト削減や行政・政治サービスの向上も積極的に推進します。

  • 政治的中立の確保

    政治的中立を保ち、全ての若者を対象とします。また特定の思想を支持することで分断が起きないことを目指します。

プロフィール

熊谷 英樹

熊谷 英樹(くまがい ひでき) 39 歳

埼玉県狭山市出身。豊島区雑司ヶ谷3丁目(千登世橋近く)在住。

2003年 学習院大学法学部政治学科卒 社会学ゼミ長 アメリカンフットボール部 主将、卒業後母校で10 年間コーチを務めた。ヘッドコーチを務めた年には同校初の1部昇格を果たした。

富士通、双日系機械専門商社で15年間の社会人経験 海外駐在や輸出入商売など国際経験も豊富

好きな言葉は、「青は藍より出でて藍より青し」
好きな食べ物は、ハードパン